マンションを買取に出す際のよくある失敗パターン

いま中国では、バブル景気になっています。昔、日本もそういう時代がありました。しかしそれは、バブルということを忘れてはいけません。いつかは泡のようにはじけてしまうのです。
shutterstock_268817309
さて、いまの日本は、デフレからようやく脱却しようとしています。そして、インターネットを使うことが日常化していることもあり、かなり良い市場が存在しているのです。そして、高所得者がいま増えてきているのが、現状です。しかも東京オリンピックや、パラリンピックも行われることもあってマンションを買取り、一儲けしようという人も増えてきているのです。最近一番売れている土地は、やはり東京です。

先ほどのような理由が主でありますが、それは、とても危険であることをよく知らずに買った人が大半です。よく考えて見てください。日本は、ただでさえ国土が小さく、そのぶん土地代も他の国などと比べて高いのが現状です。ただでさえ高いのに東京オリンピックや、パラリンピックのせいで、東京の地価も上がり一般の人々が住み難くなってきているのです。

それで、マンションなどを買取りとき、そのマンションが満席になるでしょうか。確かに、オリンピックや、パラリンピックを近くでみたい人がいるのも事実です。しかし、今の時代は、スマートフォン、テレビなどでも気軽にみられることも事実なのです。さて、このような状況で、満席になると思いますか。東京オリンピックや、パラリンピックまでに満席にならなかった場合、そのあとその空席が埋まると思いますか。

マンションを買取ることは、決して悪いわけではありません。しかし後先考えないで買取るならばほとんど失敗するでしょう。そのあとのこと、その土地は、東京オリンピックや、パラリンピックのおかげで価値が上がったものということを考えないから失敗してしまうのが、今回の失敗点です。大きな買い物をするときなどは、後先よく考えて購入することを強くオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>