土地の売却でオススメの時期・売り時を教えて!

土地を所有されている方が、後に売却を考えた場合では、その売り時について考えてしまう場面が見られます。一般的な住宅の場合では、1月から3月の新年度を迎える前の時期や、9月から10月の時期なども不動産業界では活発化しています。しかし、土地の場合では確かに分かりにくい一面を持っていて、土地の性質によっても異なる場合があります。住宅を建てることのできる土地の場合では、逆に考えた場合では購入する時期としてお得なものでは、不景気などで低金利に設定されている場合を挙げられます。

安く購入できるメリットがあり、実際に投資用として購入される方も存在しています。土地の売却を行う方法では、その逆を考えることができ、好景気で高金利の時に売却できた場合では、土地の価格も高騰しており、お得に資金を得ることができます。周囲の環境も大切な要素を持つことになります。例えば所有する土地は郊外に位置しており、あまり価値が無い状態で放置されている場合も見られます。
shutterstock_199182395
しかし、長期的な都市開発の対象エリアに指定された場合では、その周辺の不動産の価値が向上することになります。この時期であれば十分に売却することにメリットを感じることになりますが、都市開発に関しては所有者が決定できない内容を持つことによって、短期間での売買には向いていない一面があります。直ぐに売却を行うことを希望している方のケースでは、実際には売りたいと感じた時が売り時であると考えることもできます。

不動産の価値が上がると同時に固定資産税も上がってしまう可能性があり、早期に売却することにメリットが生まれる場合もあります。現在では複数の不動産会社に査定を依頼できる方法なども整っているので、売りたいと考えた時にはインターネットなどを使ってみると、高い価値で売却を行うことができるチャンスが巡ってくる可能性が高くなります。業者間で比較を行うことは最も基本的な内容になり、売り時と合わせて利用することが推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>