家の売却価格が思っていたより安い場合の対応

不動産業者から提示された家の売却価格が想定より安いと考えられる場合、対応には幾つかの方法が考えられます。具体的にどのような手段を講じるかについては、その価格がどの段階で提示されているかによっても変わって来ます。
shutterstock_149388206
まず考えられるのが、自分でより高く買って貰える購入者を探す・他の不動産業者も当たるという方法です。特に提示された売却価格が不動産業者の買い取りである場合には、大いに有効な手段の1つとなります。買い取りは転売での利益確保を前提とした値段設定となる為、市況よりも安い価格が提示されがちであり、売却条件が変わるだけで額の上昇が狙えるからです。専属専任媒介契約を結んでいる場合には使い難い方法ですが、そうで無ければ検討の価値はあると言えます。

次に内覧がこれからという状況であれば、心理面での付加価値を購入者に意識付けする事による、再交渉の余地があると言えます。多少価格が上がっても、お得感を感じる状況を作り出す訳です。この場合の手段というのは、とにかく家の外観・内観を徹底的な清掃のよって整える事です。その際にはゴミや埃は勿論の事、生活で発生した匂いの類も徹底的に除去して置く必要があります。特に水回りに関する綺麗さを保つ事が、ポイントとなります。

一方で逆に、方法として行わない方が良い事も考えられます。それが売却前の家のリフォームです。不動産業者から薦められる事もありますし、確かに売却価格の上昇にも繋がるのですが、多くの場合においてリフォーム費用を上回るほどの上昇は期待出来ない為に差し引きすると逆効果になってしまいます。リフォームの方向性によっては、潜在的な買い手の層を狭めてしまう場合も考えられる事から、明らかに必要な場合でも基本的には買い手に任せるべきであると言えます。

そして一番大切なのは、家の大きさ・状況に応じた相場というものを知って置く事です。高く売れる方が良いという考えは客観的にも理解出来ますし、それによって強気の設定で考えるのも良いのですが、度が過ぎると無謀になってしまいます。時には妥協点を探る事も、必要になるという訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>