空き家の固定資産税が上がる?売却すべき?

“空き家対策の法律が施行されました。空き家をがある場合、人が住んでいてもいなくても固定資産税は、土地の価格と広さによって従来と同じ価格で支払うことになっています。しかし空き家がなくて、農耕地でもない場合は、通常の固定資産税の約6倍を支払う必要があるのです。ですが、今後は空き家に住んでいなくても税が上る可能性が高くなってきました。

空き家は衛生的にも治安的にも好ましくないということで、持主や所有者はだたちにその家をこわすか、売り払うかのどちらかを選び、、空き家があっても税を高くとるという法律です。
shutterstock_230581624
高度成長期にたくさんつくられた家々は、人口減少のため人の住んでいない家が多くなりました。仮にその家に住んだとしてもかなり古く、改築費用がけっこうかかるため、それならば新しく家を造ったほうがいいということで、空き家が増えています。人の住んでいない古くなった家は、くだんのように衛生面や治安ばかりではなく、周囲の景観を損なうということで、所有者が不明の場合、自治体が費用を出してその家を壊していくのが増えつつあります。

所有者がわかっていれば、固定資産税が上る傾向ですので、壊すことを検討している人が多いですが、壊すとなるとかなりの金額になるため、売却の選択も視野に入れています。売却は専門の業者や不動産にお願いすれば可能です。ただし、それらの家の価値は下がっている可能性が高いですので、売却する側と買取手の交渉になります。どうしても買ってほしいという方が多いですので、買い手にとっては安くで済むことも多々あります。

最近では、人の住んでいない家や、所有者不明の家、買取手のない家は、自治体が安くで買い取って、その家の跡地を活用したり、内装を行って住居にしたりしているところも増えています。
今後は、空き家の固定資産税がかなり上がることが予想されていますので、人の住んでいない家々は、所有者が直ちに売却する可能性が高くなります。ですから不動産関係はいかにそれらの家を有効活用していくかの手腕が問われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>