賃貸として貸しているマンションは売却できるの?

皆さんは賃貸マンションと聞いて、いくらくらいで売却できるのかご存知でしょうか。どの方もそうだと思いますが、一番始めに思うのは売却する側が損をするのではないかと考えられる方も多いと思います。確かに賃貸マンションの売却というと、クリーニング代やリフォーム代、工事費などがかかってしまうので、売却する金額よりも高くなってしまうのではないかと考えられる方も多いと思います。

さまざまな不動産会社やサイト等がある現代で、いかに相手に満足してもらい高値で売却できるかが必須になります。そのため、まずは一般的な賃貸マンションの売却平均価格を頭にいれた上で、検討されるのもひとつの手段であると考えます。また、どんな賃貸マンションだと必要性を感じるのかも視野にいれながら、自分が売却したいマンションをアピールすることも大切です。

契約するに辺り、売る側と買う側の2パターンがありますが、購入側にとって考えさせられるのはやはり、耐性面だと思います。最近では、補強工事がされておらず家が傾いているため、仮の住まいを提供するので補強工事が終わるまでそちらに住んでいてくださいと言ったニュースを見かけました。このようなニュースを聞くと、賃貸マンションってどうなのかなと不安を抱える人も多いと思います。売る側としても自分が売ったマンションにたいして、買った人からクレームがきたらたまったもんじゃありません。なので、利便性、安全面なども売却する側はよく見直していく必要があります。

以上のことから、賃貸マンションを売るには相手が何を求めているのか、安全性はどうなのか、立地条件はどうなのか等を考えた上で検討していくと、賃貸であっても売れると考えられます。他にもさまざまな要素があるとは思いますが、一度不動産会社などに相談してみるといいと思います。ただ、一ヶ所ではなく数ヶ所で相談することで多方向の視点から見ることができるので、最善の手段ではないかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>