資産価値があまり落ちない不動産

不動産投資で資産価値が落ちにくい不動産を見つけるにはどのような点に注意していくと良いでしょうか。まず不動産で重要なのは利便性です。一般的に最寄りの駅から徒歩10分以内のエリアは利便性が高いと判断されます。最寄駅の中でも人気の高い駅をネットの「住みたい街ランキング」等で調べるとさらに資産価値が落ちにくい不動産が見つかります。ちなみに昔から人気のある街というのは例えば吉祥寺や恵比寿等がそれに該当します。このような街のターミナル駅から徒歩10分以内の不動産であれば資産価値が落ちにくく需要も安定している可能性が高くなります。実際の物件についても大手の分譲会社が分譲しているものは、ブランド力があるので資産価値が落ちにくいと判断できます。また物件と言えば、ターゲットとしている物件の周辺にある賃貸物件の賃料を調べてみると良いでしょう。特に似たような物件の賃料を確認してみてください。人気の高い街であれば賃料も比較的安定している可能性が高いのでお勧めです。この調査は将来自分の不動産を人に貸す場合にも役に立ちます。このように人気の街であったり、徒歩10分以内であったり、大手の分譲会社の物件であったり、賃料の相場であったり、資産価値が落ちにくい条件は色々とありますが、一戸建てとマンションとではどちらの方が資産価値が落ちにくいのでしょうか。それはそれぞれ求めるニーズが異なるので一概には言えません。通常は、子育てを重視するのであれば一戸建てが選ばれ、駅からの利便性を重視するのであればマンションを選ぶ傾向があるようです。なお一戸建ては建築年数が20年を超えると資産価値がほとんどなくなってしまいます。このため、一戸建てを選ぶ際はどちらかと言うと土地の資産価値に注目して選ぶことをお勧めします。最寄駅からは徒歩15分前後が基準となります。次にマンションの場合は最寄駅から徒歩10分以内の物件で、分譲戸数が100戸以上のマンションがお勧めとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>