カテゴリー別アーカイブ: 未分類

資産価値があまり落ちない不動産

不動産投資で資産価値が落ちにくい不動産を見つけるにはどのような点に注意していくと良いでしょうか。まず不動産で重要なのは利便性です。一般的に最寄りの駅から徒歩10分以内のエリアは利便性が高いと判断されます。最寄駅の中でも人気の高い駅をネットの「住みたい街ランキング」等で調べるとさらに資産価値が落ちにくい不動産が見つかります。ちなみに昔から人気のある街というのは例えば吉祥寺や恵比寿等がそれに該当します。このような街のターミナル駅から徒歩10分以内の不動産であれば資産価値が落ちにくく需要も安定している可能性が高くなります。実際の物件についても大手の分譲会社が分譲しているものは、ブランド力があるので資産価値が落ちにくいと判断できます。また物件と言えば、ターゲットとしている物件の周辺にある賃貸物件の賃料を調べてみると良いでしょう。特に似たような物件の賃料を確認してみてください。人気の高い街であれば賃料も比較的安定している可能性が高いのでお勧めです。この調査は将来自分の不動産を人に貸す場合にも役に立ちます。このように人気の街であったり、徒歩10分以内であったり、大手の分譲会社の物件であったり、賃料の相場であったり、資産価値が落ちにくい条件は色々とありますが、一戸建てとマンションとではどちらの方が資産価値が落ちにくいのでしょうか。それはそれぞれ求めるニーズが異なるので一概には言えません。通常は、子育てを重視するのであれば一戸建てが選ばれ、駅からの利便性を重視するのであればマンションを選ぶ傾向があるようです。なお一戸建ては建築年数が20年を超えると資産価値がほとんどなくなってしまいます。このため、一戸建てを選ぶ際はどちらかと言うと土地の資産価値に注目して選ぶことをお勧めします。最寄駅からは徒歩15分前後が基準となります。次にマンションの場合は最寄駅から徒歩10分以内の物件で、分譲戸数が100戸以上のマンションがお勧めとなります。

不動産投資はサラリーマンにも人気?

会社勤めのサラリーマンにとって投資は縁遠いものというイメージをお持ちの方は少なくないでしょう。投資と一口に言ってもいくつかの種類があるので、サラリーマンとして働きながら実践できる投資法を見つけることが大切です。
投資の中でも比較的安全な方法とされているのが不動産投資です。株などの投資と違ってハイリターンを期待することはできませんが、その分ハイリスクを背負うことがないので安心して始めることができるでしょう。
不動産投資を始めるにあたって十分に知識を深めておく必要があります。不動産投資に関するセミナーが開催されているので、積極的に参加すれば投資に関して役立つ情報を入手することができるでしょう。また投資物件を専門的に扱う不動産業者を利用するという方法も有効です。
知識や情報を持たないまま不動産投資を始めてしまうことが最も危険ですから注意しなければなりません。投資用に不動産物件を購入しても、入居率を保てないと安定した収入を得ることができません。もっとも注意したいのが物件選びになります。分譲マンションの一室を購入したり一棟のアパートを購入して投資を始めますが、借り手が付きやすいような物件を選ぶことが成功へのカギとなります。そのためにも借り手のニーズを押さえながら最適な物件選びを実践しましょう。
例えば学生が多く住むようなエリアで不動産物件を購入するなら、ワンルームや1Kといった一人暮らしに向いている物件に人気が集中します。このような間取りタイプの不動産物件を中心に探してみるといいでしょう。同じシングル向けの物件でもセキュリティーが充実したタイプを探している方は多いですし、家賃が安い古めの物件も入居者が付きやすいでしょう。反対に閑静な住宅街ならファミリー向けの間取りタイプの方が入居率が高くなる傾向があります。特に小学校や中学校の近くなら広々としたファミリー向けの物件が人気です。ペット可物件や駐車場付き物件など利用者のニーズを考えながら総合的に判断しましょう。

土地を売る時の不動産会社の両手仲介について

既に自宅等を建てて住んでいる土地ならばともかく、相続したり、何らかの理由で活用していない土地がある場合は、そのままにしておくのは勿体ないです。そのため、利用していない土地は売却して、他の人に活用して貰った方が良いし、お金も得る事が出来るのでおすすめ出来ます。
ですが土地等の不動産物件を売却するには、きちんと買い手を見付ける必要があります。もっとも日常生活の中で、不動産物件を購入したいと考える人と偶然出会うチャンスは、多くはありません。なので売却したいと考えても、買い手を見付け出すというのが困難だったりします。
そういった際、売り手と買い手を仲介する形で結び付けてくれるのが、不動産会社です。不動産会社に仲介を申し込む事で、自分の持っている土地や不動産に興味がある人を探し出して、上手く結び付けてくれたりします。もっとも不動産業者というのは、当然ですが仕事として行っているので、依頼するとお金が掛かるのが基本です。それが仲介手数料と呼ばれるものであり、見事に売買が成立した際には、成功報酬として仲介手数料を支払う事になります。
しかも不動産業者の中には、売り手と買い手のどちらも担当して、その両方から仲介手数料を取るケースが少なくないです。これが両手仲介と呼ばれるものであり、不動産業者にとっては片方を担当する時よりも、倍額の手数料を手に入れる事が出来る事になります。
この様に書くと、仲介業者として売り手か買い手のどちらかを担当する時と同じ様な仕事で、倍の手数料を手に入れている様であり、少しずるい感じがしたりするものです。ですが売り手と買い手の両方を担当する場合は、当然ですが、売り手側のプランの作成や手続きといった業務に加え、買い手側のプラン作成や手続き等の業務を行う事になります。単純に倍の働きをする事になるので、両手仲介というのは働きに見合った形で取っているとも言えるのです。
更に売り手と買い手の仲介業者が同じであれば、一社の不動産業者が両方の意見を聞き、検討する事が出来ます。お陰で売買契約も纏め易いという利点もあるのです。

相続した不動産を売る時に注意したい点

親が遺した遺産の中から不動産を相続するといった事例が多くあることでしょう。
一緒に住んでいた場合、そのまま不動産を相続しても何の問題も無いでしょうか、親と遠く離れて住んでいた場合、相続した不動産を持て余してしまうと言う事例が多々発生しています。なぜなら、土地や建物には固定資産税を支払わなくならないので、新しく所有することになった親が残した土地や建物の税金を支払わなければならなくなてしまうことが多々発生します。
shutterstock_149388206
人が住んでいない空家にかかる税金は今後、高くなってゆく方向性があるため、住んでいない空家のために多額の税金を払いたくないと言う人は多くいらっしゃることでしょう。
親から土地や建物、またはマンションなどの不動産を相続した場合、そこに誰も住む予定がなければ、出来るだけ早く売ることで、余分な税金を支払わないで済むようにしたいところです。
このように、遺産を売るときですが、当然、注意点が発生します。

まず、売るときの価格ですが、仲介の不動産会社が出した査定額が妥当であるかどうか、きちんと判断しておく必要性があります。
なぜなら、市場価値よりも低く査定されてしまった場合は、当然、損をしてしまうことになってしまいます。また、実際に売却できるであろう価格よりも高く査定されてしまった場合、なかなか、当該不動産を売ることができなくて、結局、空家の固定資産税を長い間払い続けてしまうことになります。

このような、不当な査定額を避けるために、複数の不動産会社での見積もりをしてもらうことをおすすめします。

複数の会社で見積もりをした場合、妥当な資産価格がいくらぐらいになるのかよくわかるうえに、査定価格が妥当であるかどうかの判断基準にもなります。

また、周辺に売り物件が多く出ている場合は、それらの周辺物件の価格もよく見ておきましょう。そして、納得がゆく不動産会社に仲介してもらって、相続した土地や建物、またはマンションを売ることをおすすめします。

不動産売却と路線価の関係について

土地の価格の指標としては、路線価、公示地価、基準地価のほか、固定資産税評価額があります。
ただし、固定資産税評価額は、固定資産税の税額算定根拠となる価格ですので、ここでは説明を省略します。

路線価とは、相続税、贈与税の算定基準となる土地の価格を示したものです。あくまで税額計算の根拠となる価格ですので、不動産売却の指標には適しません。一般に通常の市場価格よりも低い金額となっています。
shutterstock_138433007
ただし、路線価は路線に対して価格が決められてますので、対象となる調査地点は非常に多く、また、次に説明する公示価格の約8割程度が路線価とされていますので、公示価格等の調査地点の無いエリアでは一つの目安となります。
公示地価は、国が主体となって調査を実施するもので、調査地点は都市計画区域内及び省令で定められた地域です。この価格は、公共事業用地の取得価格算定の基準とされるほか、一般の土地取引の指標、適正な土地価格の形成を目的としてます。
公示地価は毎年1月1日時点の調査価格であり、3月ころに公表されます。

次に、基準地価ですが、都道府県が主体となって調査を実施します。対象範囲は、公示地価の対象よりも広く、都市計画区域以外の住宅地、商業地、工業地のほか、林地も対象となります。
この価格の目的も公示地価と大きくは変わりません。
調査時点は、毎年7月1日で、9月に公表されます。

不動産を売却する場合は、この公示地価と基準地価が指標となります。しかしながら、不動産売却物件が必ずしもこれらの調査対象となっているとは限りません。
したがって、売却物件の近隣で、立地条件の似ている公示地価、基準地価をベースとして、売却物件の特性などを加味し、価格を増減して、価格を決定していきます。
ただし、価格はあくまで需要と供給によって決定されますし、例えば、売主が早期に契約を成立することを希望するような場合は、公示地価、基準地価よりも低い価格で売買が成立することもあります。
これら地価はあくまで売買価格の目安としてお考え下さい。

マンション売却に消費税はかかる?増税前のほうが得?

マンション売却時に消費税はかかるのか?売却する方が事業者ではなく個人の場合マンション売却そのものには消費税は課税されません。ただし、仲介業者への仲介手数料には課税されます。それでは増税前のほうが手数料分得ではないか?そう単純ではありません。整理して説明しますと、まず土地の売却ですが土地に関しては個人、事業主にかかわらず非課税となります。次に建物の売却ですが、先述したとおり事業者にはかかりますが個人には課税されません。国税庁によると消費税の課税対象は「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等」と規定されています。そのため個人には課税されません。次に仲介手数料ですが、【建物価格】×3.15%+63,000円=【手数料】で計算されこの全額に課税されます。そのため増税前のほうが得のように思ってしまいますが金額的には大きくありません。
shutterstock_128209400
例で示すと、建物価格2000万と仮定
増税前【手数料】=(2000万円×3.15%+63,000円)×1.08=748,440円
増税後【手数料】=(2000万円×3.15%+63,000円)×1.10=762,300円

となりその差わずか13,860円となり増税するからといって急いでマンションを売却する必要性はないかと思われます。しかし、ここまでは売却側の課税の話です。これが買主側になるとどうでしょう。買主側が支払う住宅ローン手数料、保証料、登記費用等に消費税が課税されます。そして、手数料だけではなく住替えのための準備費用等にも課税されるため増税の影響は売却側より買主側のほうが大きいといえます。事実5%から8%に増税されたときもマンション販売実績が前年同月比40%減となりその後も前年比で減少が続きました。つまり、マンション売却に関し消費税の影響は売却側は費用的には少ないが買主側への影響(心理的な面も含め)が大きいため増税前に売却する方が駆け込み需要により売却を有利に行える可能性が高いと言えます。

賃貸として貸しているマンションは売却できるの?

皆さんは賃貸マンションと聞いて、いくらくらいで売却できるのかご存知でしょうか。どの方もそうだと思いますが、一番始めに思うのは売却する側が損をするのではないかと考えられる方も多いと思います。確かに賃貸マンションの売却というと、クリーニング代やリフォーム代、工事費などがかかってしまうので、売却する金額よりも高くなってしまうのではないかと考えられる方も多いと思います。

さまざまな不動産会社やサイト等がある現代で、いかに相手に満足してもらい高値で売却できるかが必須になります。そのため、まずは一般的な賃貸マンションの売却平均価格を頭にいれた上で、検討されるのもひとつの手段であると考えます。また、どんな賃貸マンションだと必要性を感じるのかも視野にいれながら、自分が売却したいマンションをアピールすることも大切です。

契約するに辺り、売る側と買う側の2パターンがありますが、購入側にとって考えさせられるのはやはり、耐性面だと思います。最近では、補強工事がされておらず家が傾いているため、仮の住まいを提供するので補強工事が終わるまでそちらに住んでいてくださいと言ったニュースを見かけました。このようなニュースを聞くと、賃貸マンションってどうなのかなと不安を抱える人も多いと思います。売る側としても自分が売ったマンションにたいして、買った人からクレームがきたらたまったもんじゃありません。なので、利便性、安全面なども売却する側はよく見直していく必要があります。

以上のことから、賃貸マンションを売るには相手が何を求めているのか、安全性はどうなのか、立地条件はどうなのか等を考えた上で検討していくと、賃貸であっても売れると考えられます。他にもさまざまな要素があるとは思いますが、一度不動産会社などに相談してみるといいと思います。ただ、一ヶ所ではなく数ヶ所で相談することで多方向の視点から見ることができるので、最善の手段ではないかと思いました。

マンションの査定だけなら家族に内緒ですることも可能?

マンションを売る時のために今の価値を知っておきたい、そのために査定したいけど家族には知られたくないという方は意外と多くいます。
今の時代でしたら家族に内緒にしながらもマンションの査定を簡単にすることができます。

気になるその方法ですが、インターネットの査定サービスを利用すれば良いのです。
細かい部分まで知るためにはしっかりと見てもらう必要があるかもしれませんが、おおまかな価値を知ることができます。
方法もとても簡単で住んでいる地域、専有面積、間取り、建築年数などの情報をサービスを行なっているサイトに記載して送信すれば、査定の結果が分かり次第電話やメールで教えてくれます。
電話だと家族にバレてしまうかもしれない方にはメールで連絡しますので安心できますし、誰かに相談することもなく簡単にマンションの査定を受けることができるのです。
もちろん家の中を見せたり、写真を撮ったりする訳ではないので家族にバレてしまう危険性は極めて低いものとなっています。

この方法の注意点としては、あくまでも大まかな価値を知ることができるだけです。
専門家の方を家の中にあげて、しっかりと見積りを取ってもらう訳ではありませんから細かいものはでません。
しかし、同タイプの近隣にあるマンションなどの物件と比較して価値を算出するなど的外れなものにはなりません。
また一つの査定ではなく、一括で多くの業者の査定を受けられるサービスでもありますので、色んな角度からマンションの価値を知ることができます。

このように家族に内緒にしながらもマンションの査定を受けることができます。
もちろんですが、家族だけではなく近隣の方にも内緒にできますので、マンションを売り出す時にもバレないようにする事が可能で、変に気を遣う必要もありません。
今の時代はデジタル化が進んでいますから何事も便利となっており、マンションの売却もできるだけ周囲に内緒にできるようになっています。

土地の売却でオススメの時期・売り時を教えて!

土地を所有されている方が、後に売却を考えた場合では、その売り時について考えてしまう場面が見られます。一般的な住宅の場合では、1月から3月の新年度を迎える前の時期や、9月から10月の時期なども不動産業界では活発化しています。しかし、土地の場合では確かに分かりにくい一面を持っていて、土地の性質によっても異なる場合があります。住宅を建てることのできる土地の場合では、逆に考えた場合では購入する時期としてお得なものでは、不景気などで低金利に設定されている場合を挙げられます。

安く購入できるメリットがあり、実際に投資用として購入される方も存在しています。土地の売却を行う方法では、その逆を考えることができ、好景気で高金利の時に売却できた場合では、土地の価格も高騰しており、お得に資金を得ることができます。周囲の環境も大切な要素を持つことになります。例えば所有する土地は郊外に位置しており、あまり価値が無い状態で放置されている場合も見られます。
shutterstock_199182395
しかし、長期的な都市開発の対象エリアに指定された場合では、その周辺の不動産の価値が向上することになります。この時期であれば十分に売却することにメリットを感じることになりますが、都市開発に関しては所有者が決定できない内容を持つことによって、短期間での売買には向いていない一面があります。直ぐに売却を行うことを希望している方のケースでは、実際には売りたいと感じた時が売り時であると考えることもできます。

不動産の価値が上がると同時に固定資産税も上がってしまう可能性があり、早期に売却することにメリットが生まれる場合もあります。現在では複数の不動産会社に査定を依頼できる方法なども整っているので、売りたいと考えた時にはインターネットなどを使ってみると、高い価値で売却を行うことができるチャンスが巡ってくる可能性が高くなります。業者間で比較を行うことは最も基本的な内容になり、売り時と合わせて利用することが推奨されています。

空き家の固定資産税が上がる?売却すべき?

“空き家対策の法律が施行されました。空き家をがある場合、人が住んでいてもいなくても固定資産税は、土地の価格と広さによって従来と同じ価格で支払うことになっています。しかし空き家がなくて、農耕地でもない場合は、通常の固定資産税の約6倍を支払う必要があるのです。ですが、今後は空き家に住んでいなくても税が上る可能性が高くなってきました。

空き家は衛生的にも治安的にも好ましくないということで、持主や所有者はだたちにその家をこわすか、売り払うかのどちらかを選び、、空き家があっても税を高くとるという法律です。
shutterstock_230581624
高度成長期にたくさんつくられた家々は、人口減少のため人の住んでいない家が多くなりました。仮にその家に住んだとしてもかなり古く、改築費用がけっこうかかるため、それならば新しく家を造ったほうがいいということで、空き家が増えています。人の住んでいない古くなった家は、くだんのように衛生面や治安ばかりではなく、周囲の景観を損なうということで、所有者が不明の場合、自治体が費用を出してその家を壊していくのが増えつつあります。

所有者がわかっていれば、固定資産税が上る傾向ですので、壊すことを検討している人が多いですが、壊すとなるとかなりの金額になるため、売却の選択も視野に入れています。売却は専門の業者や不動産にお願いすれば可能です。ただし、それらの家の価値は下がっている可能性が高いですので、売却する側と買取手の交渉になります。どうしても買ってほしいという方が多いですので、買い手にとっては安くで済むことも多々あります。

最近では、人の住んでいない家や、所有者不明の家、買取手のない家は、自治体が安くで買い取って、その家の跡地を活用したり、内装を行って住居にしたりしているところも増えています。
今後は、空き家の固定資産税がかなり上がることが予想されていますので、人の住んでいない家々は、所有者が直ちに売却する可能性が高くなります。ですから不動産関係はいかにそれらの家を有効活用していくかの手腕が問われます。